に投稿 コメントを残す

アジアの価値観

アジアの価値観の批判

アジアの価値観の批判者は、国内外の反対者から権威主義的で非自由な支配を支え、アジアの経済発展モデルの弱点を隠そうとする試みとして、彼らの代表としての主張を退けています。 1997-98年のアジア金融危機は、彼らの主張の一部を正当化するように思われた。 アジア的価値観の言説は、アジア文化に対する単純なステレオタイプに基づくものであり、その点で、アジアやアラブ社会に関する西洋の学問を長年にわたって特徴づけてきたオリエンタリズムに類似しているとする批判もある。 また、アジア的価値観の支持者が主張する反自由主義と、既成の社会秩序に挑戦し破壊してきた市場主義的発展の促進との間に明らかな矛盾があることを指摘する者もいる。

アジア的価値観の議論は、グローバルな正義と平等へのコミットメントが人権に根ざすことができるかどうかに関する政治理論における議論に関連している。 リベラルな政治構造が人間の幸福を促進する出発点であるという西洋の仮定に異議を唱え、チャールズ・テイラーなどのコミュニタリアンは、アジア文化の経験を反映し、人権に関するより包括的で強制力のない、しかし強固な世界的コンセンサスを確立する可能性と課題を検証している。 儒教的コミュニタリアニズムや改革派イスラム教に関連する文献も増え、アジア社会における特定の価値観や制度が人権と整合的であるかどうかを検証している。 儒教思想を専門とするカナダの哲学者ダニエル・A・ベルは、「アジアの価値」とは対照的に、多くの「アジアにおける価値」がグローバルな人権理論と実践を豊かにすると同時に、現代のアジア人の尊厳と幸福を改善するために展開され得ると主張した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です