に投稿 コメントを残す

ナポレオンとマリー・ルイーズの結婚

The marriage of Napoleon and Marie Louise, detail of painting by Georges Rouget who held in Louvre April 2, 1810

ロイヤルウェディングはいかがでしょうか。 ナポレオン・ボナパルトと2番目の妻マリー・ルイーズ(『アメリカのナポレオン』で彼が息子について書いている「良いルイーズ」)は、3人の結婚をしました。 1810年3月11日、ナポレオンは出席しなかったが、二人は宗教的な儀式で結婚した。 その後、4月1日に市民結婚式、4月2日に再び宗教結婚式が行われた。

ナポレオンの2番目の妻

1809年12月、ナポレオンは最初の妻ジョゼフィーヌとの結婚を終わらせた。 彼はすでにヨーロッパの王室の中から新しい豊穣な妻を探し始めていた。 彼はロシア皇帝アレクサンドル1世の末妹であるアンナ・パヴロヴナ大公妃に関心を示したが、皇帝と彼の母親は結婚に反対した。 ナポレオンはザクセン王女マリア・アウグスタも検討したが、彼女は27歳と高齢であった。

マリー・ルイーズも乗り気ではありませんでした。 22歳年上のナポレオンとは一度も会ったことがなく、最近では自国の最大の敵であった。 また、彼女の大叔母にあたるマリー・アントワネットは、フランス王妃の時にギロチンにかけられたことがありました。 1810年1月10日、マリー・ルイーズは友人にこう書き送りました。 ただ、彼が選んだ王女がかわいそうで、政治の犠牲になるのはきっと私ではないのでしょう。 (1)

その「哀れな王女」になったことを知ったマリー・ルイーズは、父親の希望に従順に従いました(フランシス1世の記事を参照)。 ナポレオンはベルティエ元帥をウィーンに派遣し、彼の代わりに結婚を成立させました。 3月9日、ベルティエとオーストリア外務大臣クレメンス・フォン・メッテルニヒは、ルイ16世とマリー・アントワネットの結婚を模した結婚契約に調印した。 マリー・ルイーズの持参金は50万フランで、金貨の束でベルチエに贈られた。 マリー・ルイーズは、オーストリアの王位継承権を正式に放棄した。

ウィーンでの結婚式

Marie Louise of Napoleon by proxy, Vienna, March 11, 1810, Johann Hieronymus Löschenkohl による手描きの彫刻とその模写

1810 年 3 月 11 日にウィーンのオーガスチナ教会にてマリイ・ ルイーズは代理でナポレオンと結婚式を挙げました。

行列は、吊り飾り、シャンデリア、燭台で装飾された宮殿の部屋を通って出発しました。 擲弾兵は教会まで二列に並んでいた。 …皇帝ナポレオンを代表するシャルル大公とマリー・ルイーズ大公夫人は、大祭壇の前のプリエ・デュにひざまずいた。 大司教がカップに入った結婚指輪を祝福すると、シャルル大公と花嫁は祭壇に向かって進み、ウィーンの儀式に従ってドイツ語で結婚の儀式が執り行われた。 指輪の交換の後、花嫁は夫に贈る義務のある指輪を手にした。 そして、出席者全員がひざまずいて、テ・デウムが歌われた。 6人のページが火のついた松明を持ちました。 大砲が鳴り響き、街中の鐘が結婚が成立したことを住民に知らせた。 (2)

新郎が不在でも、祝宴は盛り上がらなかった。

皇帝陛下とマリー・ルイーズ大公夫人との結婚は、これまでの祝宴とは比較にならないほどの壮大さで祝われた。 王室内外の観衆が教会やロビー、宮殿の部屋を埋め尽くし、皇后だけでなくオーストリア皇帝も何度か不自由な思いをしたほどである。 膨大な量のダイヤモンドや真珠、豪華な衣装や制服、城内のあらゆる場所を照らす無数の光源、そして出席者の喜びが、この祝宴に偉大で壮大な荘厳さにふさわしい輝きを与えた…その目は、まもなく我が君主の幸福となる、憧れの王女を見つめていた。 …

私の祝辞に答えて、彼女は皇帝ナポレオンを喜ばせ、その瞬間から自分のものとなったフランス国民の幸福に貢献するためにあらゆる努力を払うと言った。 (3)

フランシス一世は宮廷で盛大な宴会を催した。 各劇場では無料の公演が行われ、街にはイルミネーションが施された。

風刺や罵倒のプラカードがこっそり貼られていたかもしれませんが、警察がそれを取り除いてくれました。 しかし、あいにく天候に恵まれず、10個のランプのうち1個も点灯していない。 (4)

2日後、マリー・ルイーズはウィーンからパリへ向かった。 彼女はオーストリアの側近に伴われ、オーストリアとバイエルンの国境に向かった。

ナポレオンは、コンピエーニュでマリー・ルイーズを待ち焦がれていた。 3月27日、彼女の一行が街に近づくと、彼は馬で出迎えに行った。

サン=クルー城での結婚式

Napoleon and Marie Louiseの結婚 – 1810年4月1日にサン=クルー城で行われた市民結婚式の様子です。 出典

ウィーンでの式は「結婚を完全で取り消し不能なものにする」のに十分でしたが、マリー・ルイーズとナポレオンはパリでさらに2回の結婚式を挙げました。 (5)

1810年4月1日の日曜日、サン=クルー城のアポロギャラリーで市民結婚式が行われた。 帝国大法官カンヴァセレスが司会を務めた。 宮廷人は全員出席し、ギャラリーとサロン・ド・マルスを埋め尽くした。 マリー・ルイーズは宮廷衣装で登場し、ダイヤモンドをあしらった王冠を身につけた。 大行列の後、ナポレオンとマリー・ルイーズは、ギャラリーの端にある天蓋付きの壇上に置かれた2脚の肘掛け椅子に座った。 壇上の足元には、豪華な布で覆われたテーブルがあり、その上にインクスタンドと戸籍が置かれていた。

陛下、あなたはここにいるオーストリア大公夫人マリー・ルイーズ殿下と結婚することを宣言されますか?

ナポレオンは答えた

私はここにいるマリー・ルイーゼ皇太子殿下(オーストリア大公夫人)を結婚させることを宣言する。

マリー・ルイーズはナポレオンについても同じ質問をされ、同じ返答をしています。

皇帝と法の名において、フランス皇帝にしてイタリア王であるナポレオン陛下と、彼女の皇女にして大公夫人であるマリー・ルイーズが婚姻関係にあることを宣言する」と述べた。 (6)

テーブルが王室夫婦のところまで運ばれ、座ったまま籍を入れられるようになった。 結婚の知らせは、サン=クルーで大砲の一斉射撃によって行われ、パリのアンヴァリッドでも繰り返された。 夕食後、演劇が行われ、宮殿と公園がライトアップされた。

パリでの結婚式

エティエンヌ=バルテレミー・ガルニエによる「ナポレオンとマリ・ルイーズの結婚」

次の日のことである。 4月2日(月)、皇帝夫妻は、帝国軍の騎兵隊を先頭に、他の騎兵隊や軍楽隊、武官、多くの馬車を従えてパリに向かった。 ナポレオンとマリー・ルイーズは、8頭の馬に引かれた金色に輝く戴冠式用の馬車に乗った。 凱旋門の前で演説をするために一時停止した。

行列はシャンゼリゼ通りを進み、ルーブル美術館で約5時間待たされた結婚式の招待客のいるチュイルリー宮殿に到着しました。 サロン・カレには、銀箔の祭壇を備えた礼拝堂が建てられていた。 ルーヴル美術館の館長ヴィヴァン・ドゥノンは、客席を作るために絵画を撤去することに抗議したが、無駄だった。 ナポレオンの叔父であるジョゼフ・フェッシュ枢機卿が宗教儀式を取り仕切った。

Benjamin Zixによるルーヴル美術館大ギャラリーを通るナポレオンとオーストリア王女マリー=ルイーズの結婚行列の詳細

ある皇帝の衛兵の書いた文章です。

すべての壮大な準備の様子を伝えることは不可能である。 旧ルーヴル美術館からポン・ロワイヤルに隣接するチュイルリー館の端にある礼拝堂に通じるルーヴル美術館の大ギャラリー(その長さは計り知れない)には、紳士淑女のためのベンチが3列に並んでいた。 4列目には、50人の叙勲を受けた下士官が、群衆に押し流されないように鉄柵を前にして、互いに一定の距離を置いて配置されていた。 ドルセンヌ将軍は…女性たちに、我々は彼女たちの騎士として奉仕し、軽食を運ばせるようにと告げた……。 私たちはそれぞれ、自分の両側の24人(下士官1人につき48人)を担当し、彼女たちのすべての要望に応えなければならなかった。 厚い壁には大きなくぼみがあり、そこには96個の水筒が置かれ、あらゆる種類のおいしい飲み物が用意されていました。

女性の服装は次のようなものであった:後ろは背中の真ん中まで低く、前は胸の半分が見えるほど低く、肩と腕はむき出しであった。 そして、ネックレス、ブレスレット、イヤリング。 ルビーや真珠、ダイヤモンドで埋め尽くされている。 脂っぽい肌、混血のような肌、黄色い肌、サテンのような肌など、あらゆる種類の肌を見ることができた。 老女たちは香水の入った箱を運んでいた。 パリの女性たちが半裸で、こんなにも近くにいるのを見たのは初めてだった。

男たちはフランス流の服装で、皆同じ衣装を着ていた。黒いコート、短いブリーチズ、菱形にカットされた鉄のボタンだ。 コートの縁取りは1,800フランもしたそうです。 この衣装でなければ宮廷に出られないのだ。 この日、タクシーは禁止されていたため、チュイルリー宮殿の前に何台もの華麗な車列が並んだことは想像に難くない。 壮麗な行列は城から出発し、ルーヴル美術館に移動し、ルーヴル美術館の大階段を上り、チュイルリー宮殿の礼拝堂に入った。 その儀式は非常に印象的であった。 参列者は全員立ったままで、厳粛な沈黙が支配していた。 行列はゆっくりと移動した。 行列が通り過ぎると、すぐに ドルセンヌ将軍が我々を呼び寄せ、礼拝堂に行進させ、円陣を組ませた。 右側にいる皇帝は、蜂で飾られたクッションの上にひざまずき、その横に妻がひざまずいて祝福を受けるのが見えた。 皇帝は冠を自分の頭と妻の頭に載せると、立ち上がり、妻とともに長椅子に座った。

新皇后は立派な髪飾りをつけて美しく見えた。 元帥の妻たちは彼女の衣の裾を持ち、それは地面を8フィートか10フィート引きずっていた。 このような侍女を従えていることは、皇后にとって誇りであったろう。 しかし、彼女は美しいスルタナであり、皇帝は非常に満足そうであり、その表情は優雅であったと言わざるを得ない。 (7)

Napoleon and Marie Louiseの結婚 – ルーヴルで行われた宗教上の結婚式です。 1810年4月2日 ジョルジュ・ルジェ作

マリー・ルイーズは、1804年のナポレオンの戴冠式でジョゼフィーヌが着たのと同じ深紅のベルベットのマントを着ていました。 婚礼衣裳は銀色のチュール網に真珠とラメの刺繍が施されたもの。 銀の刺繍が施された白いサテンのスリッパは、彼女には小さすぎて足を痛めてしまった(詳細はNapoleon.orgの「マリー=ルイーズの結婚式の服装」を参照のこと)。

その後、ナポレオンはマリー・ルイーズの手を取って、時計館のバルコニーに立ち、帝国軍の行進を見送った。 チュイルリー劇場で宴会が催された。 ナポレオンとマリー・ルイーズ、そして皇族たちは、馬蹄形のテーブルに座った。 他の宮廷人たちは、旧体制時代のグラン・クヴェールのように、立って食事をしていた。 宮殿の窓の下では、コンサートが開かれた。 その後、シャンゼリゼ通りいっぱいに花火が打ち上げられた(光の演出については、イルミネーションとトランスパレンシーの記事を参照)。 この日、広場では音楽、ゲーム、アクロバットなどの催し物が行われ、ワイン樽も供された。

ナポレオンにとって唯一の汚点は、フランスの27人の枢機卿のうち13人が結婚式に出席しなかったことです。 ナポレオンにとって唯一の汚点は、フランスの27人の枢機卿のうち13人が結婚式に出席しなかったことであった。 ナポレオンは、違反した枢機卿たちの袈裟、職、財産を剥奪し、単なる司祭としての服装に戻すように指示した。 こうして、彼らは黒い枢機卿と呼ばれるようになった。

これだけ多くの結婚式を挙げたのだから、王室の人々には長く幸せな結婚生活を送ってほしいと願うかもしれない。

これだけの数の結婚式を挙げたのですから、王室の二人には長く幸せな結婚生活を送ってほしいと願うかもしれません。 ナポレオンとマリー・ルイーズは4年間一緒に過ごしましたが、その後、二度と会うことはありませんでした。 For more on that, see my article about Adam Albert von Neipperg, lover of Napoleon’s wife.

You might also enjoy:

What did Napoleon’s wives think of each other?

The Perilous Birth of the King of Rome

Napoleon II: Napoleon’s Son, the King of Rome

What did Napoleon think of women?

Celebrating with Light: Illuminations and Transparencies

Watching French Royals Eat: The Grand Couvert

When the Duke of Wellington Met Napoleon’s Wife

The Josephine Delusion: A Woman Who Thought She Was Napoleon’s Wife

Etiquette in Napoleon’s Court

Royal Wedding? Humbug!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です