に投稿 コメントを残す

ホーム

チペワ族、オジブワ族、ポタワトミ族を中心にミシガン州に多くのネイティブ・アメリカンがいたがヒューロン郡ではヒューロン人が栄えていた。 多くのネイティブ・アメリカンの村の残骸がヒューロン郡で発見されました。 これらの村の1つは、オーク・ビーチの私の家の非常に近くで見つかり、人々は今日までこの場所から人工物を回収しています。

ヒューロンインディアンは、いくつかの氏族、熊の氏族、コードの氏族、鹿の氏族、石の氏族、および一軒家ロッジに自分たちを分けました。 これは、彼らの非常に豊かな独自性の一部であった。 もうひとつの文化として、ヒューロン族の戦士は髪をモヒカンにした。 1700年代のフランス人入植者は、彼らの野性的な髪型がイノシシのたてがみを連想させ、フランス語で「イノシシ」と訳されることから、彼らをヒューロンと呼び始めた。

ヒューロン族でユニークなのは、若者への接し方だ。彼らは部族の将来を非常に信じていた。

ヒューロン族のユニークなところは、若い人への接し方です。

ヒューロン族の文化でもう一つ興味深いのは、誰かが亡くなったときに行う伝統である。

また、ヒューロン族の文化で興味深いのは、誰かが亡くなったときの伝統です。

また、ヒューロン族の文化で興味深いのは、誰かが亡くなったときの伝統です。 数日後、遺体とリッターを近くの墓地に移し、遺体の上に小さな小屋を建てる。 そして、遺体のそばには、食べ物や油、道具、プレゼントなどを置く。 それらは、亡くなった人が精神世界へ旅立つのを助けるために置かれたものだった。 ヒューロン族は10年ごとに死者の祝宴を開いていた。 饗宴の間、彼らは死んだ親族の死体を前に出し、体から皮膚を削り取り、毛皮で包み直して、「墓」に戻したのです。

ヒューロン族はイロコイ族を尊敬し、家の建て方や農作業の仕方も真似た。

彼らは、トウモロコシ、豆、カボチャ、ヒマワリ、タバコなどを収穫し、食料の80%は大量の作物から得て、残りは他の品物と交換したほどである。

食料の80%は大量の農作物でまかない、残りは他の物と交換していた。

衣服は鹿革のシャツ、ブリーチクロス、レギンス、スカート、モカシンシューズなどであった。 冬は毛皮で暖をとっていた。 ヒューロン族は非常に装飾的であった。

そのユニークな文化と装飾的なスタイルに加えて、ヒューロン族は主に毛皮貿易への関与のために知られていた。

独自の文化や装飾様式に加え、ヒューロン族は主に毛皮貿易に携わったことで知られています。

結論から言うと、ヒューロン族は異なった服装をしていた。

結論として、ヒューロン族は服装が独特で、非常に素晴らしい文化を持っており、毛皮貿易ビジネスで大きな名声を得ました。

結論として、ヒューロン族には独特の服装があり、非常にユニークで素晴らしい文化があり、毛皮貿易ビジネスで大きな名声を築いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です