に投稿 コメントを残す

人狼のあまり知られていない言い伝え

あらゆる文化が人狼伝説に独自の新しい要素を加えていますが、世界の他の地域ではどんな要素がまだ受け入れられていないのでしょうか

お得なAll Aboutヒストリーを購読しましょう!

Werewolf Festival(1世紀)

Marcellus Sidetes(マーセルス・シデット)……。 は、1世紀末に小アジアに生まれた医師で、42冊に及ぶ医学詩を著した。 ほぼ全編が失われ、2つの断片が残っているのみである。 アミダのエティウスによって保存されたその断片は『De Lycanthropia』と呼ばれ、男たちが「狼の狂気」に心を奪われる狼男の祭りを描写している。

神の警察隊(1691)

1691年、86歳の男性、ラトヴィア小作人のティース老人は狼男として告発されている。 彼はすぐに罪を認めましたが、自分と仲間の狼男は実は神の代理人であり、悪魔と「神の猟犬」と呼ばれる魔術師と戦っていると主張しました。

Werewolf births (1865)

The Book Of Wrewolvesで、「狼男の本」の中で。 サビーン・ベリンググールド牧師は、デンマークで生まれた珍しい人狼の作り方を紹介しています。 真夜中に雌が4本の棒の間に子馬を産むときに包む膜を張り、裸でその中を這うと、痛みもなく子供を産むが、男の子はすべて狼男になってしまう」。”

White Wolf Dream (1910)

In 1910, Sigmund Freud, the famous psychoanalyst, treated a young patient known as Wolf Man. A member of a wealthy Russian family, Wolf Man had delusions that he could transform into a wolf and would run through the woods during the night. Freud traced his patient’s obsession with wolves to a dream he had as a young boy about seven white wolves in the tree that stood outside his bedroom.

Nazi Werewolves (1939-45)

During World War II a small group of ‘underground’ Nazi ground troops were known as werewolves. The extensive German folklore behind the creature, and common folk belief in ‘Germanic legends of man-eating wolves’, helped to spread fear among the Allies of the werewolf soldiers.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です