に投稿 コメントを残す

慢性腎臓病

慢性腎臓病(CKD)は、慢性腎不全とも呼ばれ、長期にわたる腎実質の疾患により糸球体機能が徐々に低下していく病気です。 糸球体濾過量(GFR)が3カ月連続で60ml/min/1.73m2未満、または3カ月以上腎臓に障害がある患者さんではこの値以上の場合に存在する1。

疫学

CKDは世界的に成人人口の10~15%が罹患する、有病率の高い病気です 4.

臨床症状

臨床症状は病因に大きく左右されます。 慢性腎臓病の子供は、成長障害、浮腫、コーラ色の尿(赤血球の鋳型のため)を持つことができます。 成人では、吐き気、嘔吐、体重減少、易疲労性などの非特異的な症状がみられることがあります。 成人の慢性腎臓病患者では、高血圧がよくみられます。

Pathology

A variety of different diseases can affect and cause damage to the renal parenchyma, the most common are 2:

  • diabetes mellitus (diabetic nephropathy)
  • hypertension
  • glomerulonephritis
  • polycystic kidney disease
Classification

Chronic kidney disease can be classified in a variety of ways. One such classification, proposed in 2005, can be divided into five stages based on the GFR (ml/min/1.73 m2) 1:

  • stage 1: >90: kidney damage with normal or elevated GFR
  • stage 2: 60-89: kidney damage with mild reduction in GFR
  • stage 3: 30-59: moderate reduction in GFR, this can be further sub divided as 5
    • stage 3a: 59-45
    • stage 3b: 44-30
  • stage 4: 15-29: severe reduction in GFR
  • stage 5: <15(または透析):末期腎不全(ESKD)

同発表1では、慢性腎臓病も治療の種類によって大別できることが示唆されています。

  • 腎臓移植者
  • 透析に依存しないCKD
  • 透析中のCKD
造影剤

ガドリニウムコントラストは慢性腎臓病における腎性全身線維症(NSF)と関連しています。 ガドリニウム造影剤投与の禁忌となる閾値は施設に依存し、また使用する造影剤の量や種類にもよるが、GFRが20~30ml/minは禁忌とされ、30~60ml/minでは通常より少量が必要とされる。 透析は禁忌です。

画像的特徴

CKDに特異的な画像的特徴はなく、臨床・検査所見に基づいて診断される。 Radiological exams, especially ultrasound, are performed in most of the cases for etiological investigation (e.g. renal artery stenosis, polycystic kidney disease, hydronephrosis) and treatment follow-up.

Ultrasound

Ultrasound with Doppler examination of intrarenal vessels is usually performed in patients with CKD, and it is common to have a normal exam.

Typical B-mode findings of a long-standing severe CKD (especially stage 5) are 2:

  • reduced renal cortical thickness <6 mm 6
    • more reliable than length 7
  • reduced renal length
  • increased renal cortical echogenicity
  • poor visibility of the renal pyramids and the renal sinus
  • marginal irregularities
  • papillary calcifications
  • cysts (see also: acquired cystic kidney disease)

Abnormal Doppler findings in these patients are 2:

  • 腎血管の減少
  • 抵抗指数(RI)値の増加(細動脈および小葉間動脈)

治療と予後

ステージ3のCKD患者は、末期腎不全に至るよりも心血管イベントで死亡する可能性が20倍高いと報告されています3。 慢性血管疾患は、CKDによく見られる合併症であり、特に注意が必要である1。 冠動脈疾患、うっ血性心不全、糖尿病、貧血の治療と予防は、CKD患者の死亡率を減らすための目標治療であることが、広範な研究によって証明されています3.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です