に投稿 コメントを残す

日本の主要空港 – 成田、羽田、関空ガイド

成田、羽田。

日本で最も有名な空港は成田国際空港、羽田空港(東京国際空港)でしょうか。 東京と東日本を結ぶ2つの主要空港、そして京都と西日本の玄関口である大阪の関西国際空港(KIX)。 特に海外からのフライトは選ぶポイントが多く、なかなか決められないことも多いでしょう。

この記事では、日本の各主要空港と公共交通機関の利用方法、そしてそれぞれの空港を利用する際のポイントについて紹介します。

成田国際空港 – すべての人に優しい最新鋭空港

世界で最も交通量の多い空港として、成田空港は多くの国際線が利用する空港のひとつとなっています。 東京から約60キロメートル(37マイル)離れた場所にある成田空港は、実は千葉県に位置しています。 そのため、成田空港への移動は計画的に行うことをお勧めします。

成田空港には3つのターミナルがあり、羽田空港よりも多くの国際線が乗り入れています。 日本料理や各国料理のレストラン、土産物店、カフェ、そして日本文化体験まである大きな空港です。 例えば、成田で乗り継ぎがある場合、江戸時代風の町並みや、塔と庭園を持つ著名な寺院で有名な周辺地域を見学するツアーに参加することができます。

成田空港からのアクセス

成田空港と東京間の交通手段には成田エキスプレス(N’EX)と京成スカイライナーがあり、2大要素として挙げられるのは「京成スカイライナー」の乗車でしょうか?

成田エクスプレスは、渋谷、新宿、横浜方面や、ジャパンレールパス(N’EX乗車券付き)をお持ちの方に最適です。

京成スカイライナーは、空港から東京の日暮里や上野まで行くことができ、浅草や東京東部の宿泊施設に近い人には特に便利です。

成田空港と京成上野駅間の所要時間は約46分、料金は片道2,520円です。 東京駅周辺から成田空港までは、京成バスが運行しており、事前予約で片道1,000円です。

羽田空港 – 都心に近く便利

大田区にある羽田空港(東京国際空港)は都心に近く知られている空港です。

国内線の多くが羽田を利用し、国際線も多く就航しているため、日本で最も利用客の多い空港です。

※国土交通省の統計より、国内線・国際線の旅客数より作成。 2019年9月現在)

羽田からのアクセス

東京都にある羽田空港です。 浅草、渋谷、東京など、都内のほとんどの場所から1時間弱で到着します。

品川駅から羽田空港までは、京急本線で20分(片道300円)です。 JRではなく、京急品川駅から出発するようにしましょう。 浅草方面から行く場合は、都営地下鉄浅草線で34分(※羽田行きエアポート急行)、片道560円です。

空港と浜松町駅(JR・地下鉄が乗り入れる交通拠点)を結ぶ東京モノレールは、東京湾岸の景色が楽しめる選択肢です。

東京や神奈川と羽田空港を結ぶ便利なバスがあります。 京浜急行バスは、空港リムジンバスを多数運行しており、便利です。 時刻表や乗車券の予約は公式サイトをご覧ください。

関西国際空港 – 京都・大阪の旅はお早めに!

関西国際空港と羽田空港を結ぶ便利なバス。

Photo by Pixta
関西国際空港(KIX)は関西圏にあり、大阪や京都、神戸への乗り入れが便利な空港です。 また、アメリカ、オーストラリア、イギリス、アジアへの直行便もあり、西日本で最大の空港です。

関西国際空港は、西日本を中心に旅行する人にとって理想的な空港といえるでしょう。 東京から京都まで最速の新幹線で2時間強ですから、飛行機で到着すれば、より早く関西の観光や体験を始めることができます。

関空へのアクセス

関空へはいくつかの方法で行くことができます。 電車では、JR京都駅、新大阪駅発着の関西空港特急「はるか」に乗れば、乗り換えなしで関空まで直通で行けます。 京都から80分(片道2,900円)、新大阪から50分(片道2,380円)です。 JR大阪駅からは関西空港快速で1時間5分、乗り換えなし(1,210円)

空港バスも便利で快適です。 京都、大阪、神戸、奈良、空港からバスが運行されています。 詳しくは公式ホームページをご覧ください。

成田空港・羽田空港・関西空港

日本の主要空港の大きな違いは、その立地です。

どの空港を利用するにしても、日本国内の空港への移動には、事前の計画をお勧めします。 記事公開後に商品・サービス・価格が変更されている場合がありますので、ご注意ください。 ご訪問の際は、本記事掲載の各施設に直接お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です