に投稿 コメントを残す

言語発達の 6 つの段階

mother-and-toddler-2 ほとんどの親は、赤ちゃんが初めて言葉を発するのを待ち遠しく思っています。 これは通常、9カ月から1年の間に起こります。 2歳ごろから簡単なフレーズを使えるようになり、3歳ごろには完全な文章を使えるようになります。 4歳になると、まだ文法的な間違いはあるかもしれないが、完全に話すことができるようになる。 5歳までには、基本的な言語を習得しているはずです。

ウッドによると、言語の習得は連続した 6 つの段階で行われます。

言語以前の段階

生後 1 年間は、子供は言葉を話す前の段階にあります。 発話に関連する発達段階としては、身振りの発達、十分なアイコンタクト、乳児と保育者の間の音のやりとり、クーイング、喃語、泣き声などが挙げられます。

ホロフレーズまたは一語文

子供は通常、生後10カ月から13カ月の間にこの段階に到達します。 子供は一度に一つの単語を口にする傾向がありますが、その意味は、それが行われる文脈や、非言語的な合図によっても補足されます。 このような一語文の例としては、子供がベビーベッドの縁から身を乗り出し、笑いながら哺乳瓶を指差して「ボッティ」と命令口調で言っているようなものがある。 その場にいた大人は、この子供のホロフレーズを「すぐに哺乳瓶をちょうだい(そうすれば、またベビーベッドの端に投げて、あなたが拾ってくれる)」という意味に解釈することができます。

二語文

18ヶ月までに、子供はこの段階に到達します。 その子の「文」は通常、名詞または動詞と修飾語で構成されます。 これにより、子供は宣言文、否定文、命令文、疑問文のいずれかを形成することができます。

「ワンちゃん大きい」(宣言型)
「ボールどこ」(疑問型)
「卵じゃない」(否定型)
「もっと砂糖ちょうだい!」

そのような「文」の例です。 (命令形)

繰り返しになりますが、二語文が状況や非言語コミュニケーションによってサポートされている場合、かなり複雑な意味を持つことがあります。

複数語文

子供は2歳から2歳半の間にこの段階に到達するのです。 意味や時制を変えるときに、接頭辞や接尾辞の形をした文法形態素が使われるようになる。 さらに、主語と述語のある文章を作ることができるようになる。

「ワンちゃんは大きい」
「ボールはどこ」
「それは卵じゃない」
「もっと砂糖が欲しい」
「つかまえた」
「落ちる」

皮肉にも、最後の二つの例では、言語的な間違いは、根本の文法原理を理解していたことをはっきりと示しています。 子供の文は、かなり長いかもしれませんが、まだ電信的です。 このような複数単語の文の例としては “People mustn’t walk street – people must walk pavement.”(人は道を歩いてはいけない、人は舗道を歩かなければならない)。 この文は、1歳半の非常に聡明な子どもが使ったものであり、このような言語発達レベルは、上記よりも早い時期あるいは遅い時期に到達しうることを示唆している。

より複雑な文法構造

子どもは、だいたい 2 歳半から 3 歳の間にこの段階に到達します。 より複雑な文法構造を使用し、文中に要素が追加され(接続詞)、埋め込まれ、並べ替えられ、前置詞が使用されるようになります。

「読んで、私の本」(接続詞)
「パパはどこにいるの? (埋め込み)
「遊べない」(順列)
「お店に連れてって」(場所の前置詞を使用)

大人っぽい言語構造

5~6歳の子供はこの発達段階に達します。 ask/tell」「promise」という概念を使い、それに応じて文の語順を変えるなど、複雑な構造の区別ができるようになる。 例:

「今何時か彼女に聞いて」
「彼は彼女を助けると約束した」
.

.

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です