に投稿 コメントを残す

車のシリンダー ヘッドをポートして磨く方法

20 ~ 30 馬力を得る最も簡単な方法の 1 つは、ポートして磨かれたアフター マーケット シリンダー ヘッドを購入することです。 エンジンは、アップグレードを気に入るでしょうが、あなたの財布はそうではないかもしれません。

経済的な圧力をいくらか軽減するために、シリンダーヘッドを機械工場に送って、移植と研磨の仕事をさせることができますが、それは高価になるでしょう。 同じ性能の利点を享受しながら、最もお金を節約する最良の方法は、シリンダーヘッドを自分で移植し、磨くことに自分の個人的な時間を投資することです。

移植と研磨のプロセスは、すべてのシリンダーヘッドに対して大まかに同じです。 以下では、シリンダーヘッドを正しく、安全に、そして効率的にポートおよび研磨するための簡単なガイドを提供します。 しかし、この記事で提案されていることはすべて、自己責任で行っていることを心に留めておいてください。 It is very easy to grind way too much metal, which is irreversible and will likely deem the cylinder head unusable.

  • Note: If you have little to no experience with a Dremel it is suggested you practice on a spare cylinder head first. Old, spare cylinder heads can be purchased at a salvage yard or a shop may be willing to let you have an old one for free.

Part 1 of 6: Prepping for the job

Materials Needed

  • 2-3 cans of brake cleaner

  • Scotch-Brite pads

  • Work gloves

  • Tip: This entire process will take some time. Possibly 15 labor hours or more. Please remain patient and exercise determination during this procedure.

Step 1: Remove the cylinder head.

一般的に、ヘッドから取り外しを妨げる部品を取り除き、ヘッドを固定しているナットとボルトを取り外す必要があります。

ステップ2:カムシャフト、ロッカーアーム、バルブスプリング、リテーナー、バルブ、リフターを取り外します。

  • ヒント:これらの取り外しの詳細については、車ごとに大きく異なるため、マニュアルを参照する必要があります。 取り外した各部品は、取り外した位置に正確に再装着する必要があります。

ステップ3:ブレーキクリーンを使ってシリンダーヘッドのオイルやゴミを完全に除去します。

ステップ4:シリンダーヘッドに亀裂がないか点検します。 Most commonly they will appear between adjacent valve seats.

  • Tip: If a crack is found in the cylinder head the cylinder head must be replaced.

Step 5: Scrub the connection point. Use a Scotch-Brite pad or 80 grit sandpaper to scrub the area where the cylinder head mates with the intake gasket down to bare metal.

Part 2 of 6: Increase airflow

  • Dykem Machinist
  • Golden haired wire brush
  • High speed Dremel (10,000+ RPM capable)
  • Lapping tool
  • Lapping compound
  • Penetrating oil
  • Porting and polishing kit
  • Safety glasses
  • Small screwdriver or other metallic pointed utensil
  • Surgical masks or other form of respiratory protection
  • Work gloves
  • Zip ties

Step 1: Match the intake ports to the intake gaskets.

インテークマニホールドガスケットをシリンダーヘッドに押し付けると、エアフローを増やすためにどれだけの金属を取り除くことができるかがわかります。

インテークガスケットの円周に合わせて、インテークランナーをもっと広げることができます。

ステップ2:マシニストの赤または青でインテークランナーの周囲を塗ります。

塗料が乾いた後、インテークマニホールドガスケットをシリンダーヘッドに戻します。

インテークマニホールドボルトやテープを使ってガスケットを固定します。

ステップ3:インテークランナーの周りをなぞります。

ステップ4:スクライブマークの内側にある材料を除去します。

矢じり石ビットを使って、スクライブマークの内側の材料を適度に取り除きます。

矢じり石ビットは荒い仕上げになるので、ポートを拡大しすぎたり、間違えて吸気ガスケットのカバーエリアに広がる部分を研磨しないように細心の注意を払ってください。

吸気ランナーを均一かつ一様に拡大するのです。 ランナーの奥まで入れる必要はありません。

ドレメルの回転数を約10,000rpmに保たないと、ビットの摩耗が早くなります。

使用しているドレメルの出荷時の回転数を考慮して、10,000 の範囲に達するために回転数をどのくらい速くまたは遅く調整する必要があるかを判断します。 一方、ドレメルの工場出荷時の回転数が 20,000 の場合、ドレメルが約半分の速度で動作するポイントまでスロットルを約半分に保持します。

  • 警告。

  • ヒント:インテークランナー内の急な曲がり角度、隙間、谷間、粗い鋳造、鋳造の段差を可能な限り研磨してください。

  • ヒント:ポートを均等かつ均一に拡大することを確認します。 最初のランナーが拡大されたら、拡大プロセスを測定するために、切断されたワイヤーハンガーを使用します。 最初のポートされた排気ランナーの幅を基準にして、ハンガーを長さにカットします。 そのため、カットしたハンガーを目安に、他のランナーをどの程度拡大しなければならないかを把握することができます。 各吸気ランナーの拡大幅は、同じ体積を流せるように互いにほぼ等しくする必要があります。

ステップ4:新しい表面積をなめらかにする。

40グリットカートリッジを使用して研磨の大部分を行い、80グリットカートリッジを使用してきれいに滑らかに仕上げます。

ステップ5:吸気ランナーを検査します。

ステップ6:明らかな凹凸を取り除く。

40グリットカートリッジを使用して、吸気ランナーを均一に移植するために、鋭いターン、隙間、谷、粗い鋳造、および鋳造バンプを研磨します。

40番のグリットで吸気ランナーを均一に削ります。

  • ヒント:80グリットカートリッジを使用して、ポートされた領域をさらに滑らかにします。 When grinding be extremely careful not to grind any areas where the valve would officially make contact with the cylinder head, also known as the valve seat, or a new valve job will be the result.

Step 7: Complete the other intake runners. After finishing the first intake runner move on to the second intake runner, third and so on.

Part 3 of 6: Porting the exhaust

Without porting the exhaust side too the engine will not have enough displacement to allow the increased air volume to efficiently exit. To port the exhaust side of the engine the steps are very much the same.

  • Dykem Machinist
  • Golden haired wire brush
  • High speed Dremel (10,
  • 浸透性オイル
  • 移植と研磨キット
  • 安全眼鏡
  • 小型ドライバーまたは他の金属製の尖った道具
  • 外科用マスクまたは他の呼吸保護形態
  • 軍手

ステップ1。 Scrub the mating area.

ステップ2:エキゾーストランナーの周囲をマシニストの赤か青でペイントします。

エキゾーストマニホールドのボルトやテープを使ってガスケットを固定します。

ステップ3:非常に小さなドライバーまたは同様の先の尖ったオブジェクトで塗料が表示されている領域をスクライブします。

粗い鋳造や鋳造の凸凹を研磨してください。炭素の沈着がチェックされないままだと、その場所に簡単に集まり、乱流の原因になります。

ステップ4:ポート開口を拡大し、スクライブマークに合わせます。

  • 注意: 矢じり石ビットは荒い仕上げを残すので、まだ期待通りの外観ではないかもしれません。

  • ヒント: ポートを均一かつ一様に拡大することを確認してください。

ステップ5:カートリッジを使って排気ランナーを拡大するポートを作成します。

まず40グリットカートリッジを使って、ほとんどの調整を行います。

40グリットカートリッジで表面を十分に処理した後、80グリットカートリッジを使用して、波紋のない美しい仕上がりにします。

ステップ7:エキゾーストランナーを検査します。 シリンダーヘッドの底面を上にして、バルブ穴からエキゾーストランナーの内側に欠陥がないか調べます。

ステップ8:どんな荒れや欠陥も取り除きます。

40グリットカートリッジを使用して、排気ランナーを均一に移植するために、任意の鋭いターン、隙間、谷、粗い鋳造、および鋳造バンプを研磨します。

  • 警告。

  • 前述したように、バルブがシリンダーヘッドと正式に接触する部分(バルブシートとして知られている)を誤って研磨しないよう、十分に注意してください。
  • スチールカーバイドビットを使用した後、必要に応じて表面をさらに滑らかにするために粗くないカートリッジロールに切り替えます

ステップ9:残りの排気ランナーも同様に行います。 最初のエキゾーストランナーの端が適切にポートされたら、残りのエキゾーストランナーも同様に繰り返します。

パート4/6。 研磨

  • ダイケムマシーニスト
  • 金線ブラシ
  • 高速ドレメル(10,000+ RPM capable)
  • Penetrating oil
  • Porting and polishing kit
  • Safety glasses
  • Small screwdriver or other metallic pointed utensil
  • Surgical masks or other form of respiratory protection
  • Work gloves

Step 1: ランナーの内側を磨きます。

ポーティングと研磨キットのフラッパーを使用して、ランナーの内側を研磨します。

フラッパーを表面上で動かすと、輝きが増すのがわかるはずです。

フラッパーを動かすと光沢が増すのがわかると思います。

  • ヒント:吸気ランナーを均一に磨いてから次のバッファーに移ります。

ステップ2:中砥粒のクロスバッファーを使用します。

ステップ3:細目クロスバッファーを使用します。

バッファーとランナーにWD-40を小まめに吹き付けると、キラキラとした輝きを出すことができます。

ステップ4:残りのランナーも完了。

ステップ5:排気口ランナーを磨きます。

すべての吸気ランナーが磨かれたら、排気ランナーの磨きに移ります。

上記の手順とまったく同じガイドラインとバッファーの順序で、それぞれの排気ランナーを磨きます。

ステップ6:ランナーの出口を磨きます。

ステップ7:同じバッファーシークエンスを適用します。

第一段階の研磨はフラッパー、第二段階は中砥粒クロスバッファー、最後の研磨は細砥粒クロスバッファーを使用します。 場合によっては、フラッパーが狭いところに入らないことがあります。 その場合は、中砥粒クロスバッファーでフラッパーが届かない部分を移植します。

  • Tip:

ステップ8:シリンダーヘッドの底部に注目します。

ここでの目的は、予熱の原因となる粗い表面をなくし、カーボンの沈着をきれいにすることです。 バルブは元の位置に戻し、バルブシートを保護しながらポーティングを行う。

パート4/6。 シリンダーデッキとチャンバーを磨く

  • Dykem Machinist
  • High speed Dremel (10.),
  • 浸透性オイル
  • 移植と研磨キット
  • 安全眼鏡
  • 小型ドライバーまたは他の金属の尖った道具
  • 外科用マスクまたは他の呼吸保護形態
  • 作業手袋
  • Zip Tie

ステップ1: カートリッジロールを使用して、チャンバーとデッキが接する部分を滑らかにします。

80グリットカートリッジは、移植のこの段階には十分なものであるべきです。

ステップ2:シリンダーデッキを研磨する。

各シリンダーデッキのポーティングが完了したら、先ほどとほぼ同じ手法で研磨します。

今回はクロスバッファーの目の細かさだけで磨きます。 To really make the cylinder head shine bright like a diamond use the fine-grit cross buffer to bring out the final sparkle.

  • Tip: Remember to keep your Dremel speed at about 10000 RPM to maximize the lifespan of the bits.

  • Tip: Don’t forget to spray WD-40 in small increments while using the fine-grit cross buffer to further illustrate a shine.

Part 6 of 6: Complete valve lapping

  • Dykem Machinist
  • Lapping tool
  • Lapping compound
  • Surgical masks or other form of respiratory protection
  • Work gloves

Next, we will recondition your valve seats safely.

ステップ1:バルブシートの周囲をマシニストブルーの赤または青で塗ります。

ステップ2:コンパウンドを塗る。

ステップ3:ラッピングツールを装着します。

手を温めるように、または火を起こすように、少し力を入れながら両手でラッピングツールを高速回転させます。

ステップ4:パターンの検査

数秒後、バルブをシートから引き抜き、作ったパターンを検査します。

バルブとシートが光沢のあるリングになっていれば、仕事は完了し、次のバルブとバルブシートに移ることができます。

ステップ5:取り外した部品をすべて再装着します。

ステップ6:シリンダーヘッドを再装着します。

バフがけ、研磨、研削、ラッピングに費やした時間はすべて報われたのです。

バフ研磨、研削、ラッピングに費やした時間はすべて報われました。

このテストは、あらゆる漏れを明らかにし、ランナーを通過する空気の流れのボリュームを見ることができます。 各吸気ランナーを通過する量は非常に似ていることが望ましいです。 また、必要に応じてシリンダーヘッド温度センサーの交換も行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です