に投稿 コメントを残す

1

親や子どもがなかなか認めないため、あまり議論されないタブーなテーマですが、多くの家庭には「親を襲う子どもやティーンエイジャーがいる」という現実が存在します。

「親が子どもに、あるいは親同士に暴力をふるったために、思春期の子どもが親を襲うことがある」

「親が子どもに暴力をふるったために、思春期の子どもが親を襲うことがある」というのは、これまであまり研究・説明されていませんでした。 家庭内暴力に触れることで、子どもたちは暴力的であることを学ぶのです。 また、親と子の間に愛情に満ちた前向きなコミュニケーションがないこと、子どもに捧げる充実した時間がないこと、制限を設けない寛容な子育てスタイルであることもあります」と、この研究の主執筆者でデウスト大学の研究者、エスター・カルヴェテは断言します。

『Developmental Psychology』に掲載されたこの研究は、ビスカヤの9つの公立および11の私立中学校から591人の青年に3年間インタビューを行い、ナルシシズムと子どもによる親への攻撃性との関係を分析することを可能にしました。

いくつかのケースでは、ナルシシズムの要素を観察できる:それは彼らが今ここで、望むものをすべて持つべきだと感じる青年に関する。

「場合によっては、自己愛の要素を観察することができます。

その結果、研究の最初の年に暴力にさらされると、3年目には親に攻撃的になっていることがわかりました。

広告

そのため、科学者によると、教育や育児の実践が鍵になるとのことです。 また、「親が責任感と尊敬の念を持って子供を育てなければ、子供は攻撃的な行動の問題を起こしやすくなる。

しかし、父親と母親が見せる行動だけが要素ではありません。 子どもたちの気質も重要な要素で、衝動的で暴力的な行動を学びやすい少年少女もいます」と彼女は付け加えます。

抑えきれない怒り

こうした若者には、フラストレーションや拒絶感を感じやすい傾向があります。 そうなると、まず怒鳴ったり侮辱したりし、その後に身体的な攻撃性が出てきます。 「

例として、研究の中で著者は、ある女性がアムステルダム大学(オランダ)のブラッド J. ブッシュマン(研究の共著者)に送った電子メールについて語ります。 「私たちの息子は、自分をすべてのものの上に見ています。 この間、鏡の中の自分を見るのはやめなさい、よく見えるよ、と言ってやりました。 すると、彼は屋根を叩いてしまいました。 後で父親から、そんなふうに私に言う権利はないと言われました。 しかし、息子はますます言葉遣いが荒くなり、暴力に発展してしまったのです。 彼は私の夫を殴り、肋骨の打撲と顎の骨折で療養中です。 問題は、彼が自分が正しいのだと思い続けていることです。

カルヴェテによれば、攻撃性は、とりわけ13歳から15歳という重要な時期に、怒りや制御不能な行動として現れ、親に肉体的・精神的ダメージを与えることに向けられるといいます。 ティーンエイジャーは、親の持ち物を盗んだり壊したりすることもある」とカルヴェテは言い、「男女の差はない」と指摘する。 「

一度、青年期に攻撃的な行動が現れたら、治療は彼らが自分自身に対して持っている自己愛的な見方を減らすことに向けられるべきです。

「女性に対する暴力の事例を考えてみてください。 少年少女は暴力の目撃者になり得るのです。 この学習は、介入と予防の対象でなければならないものです」と、カルヴェテは結論付けています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です