に投稿 コメントを残す

Dentil

OriginEdit

ローマの建築家Vitruvius (iv. 2)は、くぼみは垂木の端を表していると述べています。 小アジアのイオニア式神殿、リュキアの墓、ペルシャのポーチや墓で最も顕著な形で現れ、明らかに木造建築の石造での再現を表している。 最も古い例は、紀元前500年頃、ダレイオス王の墓の岩に彫られたもので、彼の宮殿のポルティコを再現したものである。 アテネでは、エレクティウムのカリアティード門のコーニスに初めて採用された(紀元前480年)。 その後、リシクラテスのコラージュ記念碑のコーニスの床型に導入された際には、その寸法がかなり小さくなっている。

後の使用 プリエネ神殿のように、イオニアの後の神殿では、象牙の大きなスケールはまだ保持されています。

象牙はローマ人とイタリアルネサンス建築でベッドモールに採用された主要な特徴であった。 一般的に、くぼみの突起は幅と同じであるため正方形に見え、その間隔はその半分である。 ローマのパンテオンのように、デンティルを分割するための窪みがない場合もあり、その場合はデンティル・バンドと呼ばれる。 コンスタンティノープルのステュディオン・カテドラルのポーチでは、くぼみとその間隔が同じ幅で、間隔が上から下に広がっている。これは、ヴェネツィア・デンティルと呼ばれる形式であり、コンスタンティノープルのサンタ・ソフィアのビザンチン様式のくぼみを模倣したものである。 サンタ・ソフィアでは、大理石を包む突起状のモールディングを装飾するために用いられ、モールディングの両側で交互にへこみがカットされていたのである。 ヴェネチアンデンティルは、丸いアーチのラベルとして、また弦のコースとして導入された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です