に投稿 コメントを残す

How to Become a Sheriff’s Deputy by Meeting the Established Requirements

Sheriffs enforce local, state and national laws within a county. In most jurisdictions, the sheriff and his deputies patrol and provide law enforcement for the unincorporated areas outside of metropolitan areas. Deputies are the commissioned law enforcement officers tasked with administering police duties in these areas.

FIND SCHOOLS
Sponsored Content
Featured Programs:
Sponsored School

Grand Canyon University Logo

Grand Canyon University

Featured Program: B.S. in Justice Studies and M.S. in Criminal Justice

Liberty University Logo

Liberty University

Featured Program: M.S. in Criminal Justice – Law Enforcement Leadership

Strayer University Logo

Strayer University

Featured Program: Bachelors of Science Degree in Criminal Justice

Saint Joseph's University Logo's University Logo

Saint Joseph’s University

Featured Program: Online Master of Science in Criminal Justice

Utica College Logo

Utica College

Featured Program: Online Bachelor’s of Science in Criminal Justice

In the majority of U.S. counties, deputy sheriffs provide critical services like traffic enforcement, emergency response and criminal investigations. In order to be effective in these duties, deputies are required to successfully complete a lengthy and involved selection process and training program. それは独立したトレーニングなしで保安官のオフィスでの位置を獲得することは可能ですが、これらの認定プログラムは、しばしば保安官のdeputy.

要件は1保安官の部門から次にかなり異なるので、副保安官になることに興味がある人は、特定の資格を確認することをお勧めしますに関わる競争のプロセスのための貴重なアドバイスと準備を提供しています。

  • 少なくとも18歳
  • 有効な運転免許証
  • 米国。 市民権
  • 高校卒業資格またはGED(一部の部署では。
  • No felony convictions
  • No recent DWI convictions
  • No domestic violence convictions
  • No recent misdemean convictions

準備と資格

保安官の代理になる方法を調べ始めたとき、すべての候補者が考慮しなければならない主な副 保安官の要件が2つあります。

身体能力 – 保安官の事務所はしばしば強度や器用さのテストを必要とし、代理が出席しなければならないアカデミーの多くは、入学時および卒業時に厳しい物理的な基準を維持します。 訓練生は卒業するために長距離走、スプリント、腕立て伏せやベンチプレスのセットを完了するために必要とされるかもしれません。

健全な判断力と精神力 – ほとんどの保安官の部門は、高卒またはGEDを必要としながら、多くは法執行機関の認定プログラム、または刑事司法におけるコミュニティカレッジや大学のプログラムを通じて学位を完了している人に優先権を付与します。 多くの議員たちは彼らのキャリアの中で満たさなければならないことを幅広い責任は、最も一般的に中等後教育を通じて培われた知識の幅を必要とします。 法律、法執行の概念と警察の手続きの知識を得ることは、保安官の代理人になる方法を学習助長されています。

申請プロセスと欠格事項

アプリケーションプロセスは、通常、いくつかのステップを伴います。 手続きを開始するには、申請書を保安官の事務所に提出しなければならない。 申請書は正確に記入する必要があり、虚偽の情報や不完全な回答は、申請終了の理由となり得ます。 多くの部署では、大学の成績証明書、名誉除隊の証明書、雇用主の推薦状などの書類も同時に提出する必要があるので、候補者はすべての必要書類の提出を調整することが賢明である。

正確な欠格事由は郡によって異なりますが、通常、以下のようなものがあります。

  • 重罪の前科
  • 最近の軽犯罪の前科
  • 不名誉除隊
  • 家庭内暴力の経歴
  • 著しい滞納債務
  • 最近の薬物使用の経歴
  • アルコール乱用
  • 重大な交通違反

Tests, バックグラウンドチェック、心理評価、ポリグラフ

ほとんどの保安官事務所は、標準的な筆記試験を通じて、候補者のリーディング、ライティング、数学のスキルを評価します。 多くの組織では、スタミナ、体力、器用さを評価する身体検査を実施します。

候補者が提供する情報が真実かつ正確であることを確認するために、徹底したバックグラウンドチェックが実施されます。

徹底的な身元調査は、候補者から提供された情報が真実であることを確認するために行われます。

  • 犯罪歴
  • 職歴
  • 軍歴
  • 大学のコース
  • 過去の麻薬使用
  • 交通違反
  • 財務歴
  • 社会関係や評判

バックグラウンド試験、面接、申込書を通して得たすべての情報を検証するためにポリグラフ検査も行うことがあります。

警察学校を通じた訓練

条件付採用通知を受けた候補者は、州が認可した警察学校での基礎訓練プログラムを修了しなければなりません。

警察学校への入学が許可されると、新兵は、軍隊式のブートキャンプの厳しさと集中教育カリキュラムを組み合わせた、18~24週間のプログラムに登録することが期待されます。

身体的なトレーニングプログラムには以下のものが含まれます:

  • 逮捕の手順
  • 接近戦
  • 銃器のトレーニング
  • 高速運転/追跡戦術
  • 厳しい身体調整プログラム

教室での活動には通常以下のものが含まれます:

    新兵のための身体的なトレーニングプログラムには以下のものが含まれます。

    • Constitutional law
    • Organization history
    • Search and seizures
    • Traffic stops
    • Report writing
    • Witness questioning

    Following graduation from the police academy, recruits are paired with a Field Training Officer. This probationary period may last several weeks or months, and is intended to provide a transition from academic preparation to active service.

    Back to Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です