に投稿 コメントを残す

The 5 Best Technical Indicators for Day Trading

Photo by Chris Liverani on Unsplash

Day-Trading is a wildly popular form of trading where a trader only holds onto a stock for minutes before selling.

With this high-stress environment, it can be hard to keep track of stocks, and funnel certain criteria into the buying and selling process.

In this article you will learn about my top 5 favorite technical indicators that I use for intraday-trading.

#5 – VWAP (Volume Weighted Average Price)

VWAPは、その日の株の出来高を見て、比較的公正な資産価格を示す「ドル建て出来高」を計算する指標です。

一般に、VWAPはMACDやRSIなど、他の指標と組み合わせて使用すべきです。

あなたがVWAP指標を使うとき、証券はそのVWAPラインを下回ったときにのみ購入します。

#4 – SMA (Simple Moving Average) aka MA/Moving Average

SMAは、あらゆる種類の取引において最も人気のある指標の1つですが、それには理由があります。

単純移動平均は、ある期間(ローソク足の数)をとり、現在のローソクの平均価格を出します。

私がデイトレード戦略においてSMAを使うとき、それがSMAライン(私は25SMAを使っています)を上回っていれば株式を買うだけにしています。

#3 – EMA (Exponential Moving Average)

EMAは、株価の平均値を計算するので、SMAとよく似ています。

この結果、トレンドを追うのに非常に有効な指標となり、「検証」(株価がEMAを下回る)でいつ売るべきかを知ることができます。

デイトレードでの使用では、私は45EMAを使い、ショートかロングかを判断したい。

一般的に、株価が45EMAの下にある場合、私はショートの機会を探し、逆の場合はロングの機会を探します。

#2 – MACD (Moving Average Convergence/Divergence)

MACDは、あらゆるタイプの戦略に使用されている、人気のあるトレンドフォロー指標の1つです。

MACDは、SMAとEMAの両方を利用して、非常に効果的なトレンドフォローとモメンタムの指標を作ります。

私がトレードでMACDを使用するとき、MACDの読みが<>1 まで上昇している場合にのみ、その銘柄を購入します。

銘柄が特定の MACD 基準を満たしていない場合、私はその取引に参入しません。

RSI 値は 0 ~ 100 の間で変動し、<>70 は買われすぎを意味します。

私がデイトレードで銘柄を見るときは、>60 になっていないことを確認します。

上記のすべての指標を使用すると、勢い、トレンド、および公正価値のいくつかのチェックを組み込むことができるため、デイトレーダーにとって非常に成功した戦略であることを証明できます。 お読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です