に投稿 コメントを残す

The Mirabal Sisters: A Global Symbol of Violence Against Women

Sisters who died to protect all other women

Sep 4, 2020 · 5 min read

Patricia, Maria Teresa, and Minerva Mirabal — Original Images Owned by the Mirabal Family (Source: Guide to the Colonial Zone and the Dominican Republic)

“If they kill me, I’ll take my arms out of the grave and be stronger.”

WWith these words, Dominican activist Minerva Mirabal responded in the early 1960s to all those who warned her of what seemed to be a secret known to all: the regime of President Rafael Leónidas Trujillo (1930–1961) would kill her.

半世紀以上たった今、ミネルバの約束は実現したかのように見えます。 ドミニカ秘密警察の働きと姉妹の死は、トルヒーリョ政権崩壊の大きな要因とされています。

ミラバル姉妹の名前は、11月25日から世界中で「女性に対する暴力撤廃の国際デー」として祝われるようになり、女性の闘いの世界的なシンボルとなった。「Las Mariposas」(蝶々)と呼ばれるミラバル姉妹は、ドミニカのサルセド州で生まれた。 ミラバル姉妹は大学でキャリアを積み、結婚して子供を持ち、死の間際にはトルヒーヨ独裁政権で10年間政治活動を行った女性でした。 ミネルバとマリア・テレサの二人は、活動家としての行動により、すでに何度も刑務所に入っていた。

「彼らは抵抗と陰謀活動の長い歴史を持っており、多くの人々が彼らを知っていました」と、ドミニカの抵抗記念館の館長であるルイサ・デ・ペニャ・ディアスはBBCに語っています。

Patricia.Odiv.Odiv.Odiv.Odiv>

div>div>
Patricia, 1950年代のミネルバとマリア・テレサ・ミラバル(出典:日本経済新聞社)。

11月25日のその日、数人の秘密警察官がミラバル姉妹の乗った車を止めました。 彼女たちは窒息させられた後、殴られ、事故を装って車を渓谷に押し込まれました。 パトリシア・ミラバルは31歳、ミネルバは34歳、マリア・テレサは25歳であった。

「何が起こるかわかっていても、この犯罪が本当に行われるとは思っていなかったので、ひどい日だった」と3人の妹、アンジェラ・ベルギカ・「デデ」・ミラバルは言い、「事故ではない、姉妹は殺されたと言った警察官数人に話を聞いた」と語った。

3人の女性の人気は、トルヒーヨ政権に反対する勇気のある人々の多くの殺人、拷問、失踪とともに、この暗殺を国の歴史の転機としたのである。

「この犯罪は、政権に近い人たちでさえ、もはや安全ではないと感じ始めるほど恐ろしいものでした。なぜなら彼らは3人の女性を誘拐し、撲殺して、事故を装って谷に投げ込んだのですから、本当に恐ろしい事実です」と、ルイサ・デ・ペニャ・ディアス氏は説明しました。

Rafael Trujillo (Source: Wikimedia Commons)

According to Julia Álvarez, an American writer of Dominican origin, the key to explaining the importance of the Mirabal sisters’ story lies in the fact that they gave a human face to the tragedy generated by an extremely violent regime, which did not accept dissent and had three decades of assassinations. This story tired the Dominicans, who said, “when our own sisters, daughters, wives, and fiancées are no longer safe, what’s the point of the rest?「

この点について、MMRD(ドミニカ共和国抵抗記念博物館)の館長は、1961年5月30日にトルヒーヨも道端で殺されたことから、ドミニカ共和国でトルヒーヨの死として知られている処刑に関わったすべての人々が、ミラバル姉妹の殺害が最後の藁だったと言うと指摘しています。

終わりなき戦い

「ミラバル姉妹が墓から強く自分の腕が出てきた」ペニャ ディアス氏はそう言います。

このカリブ海の国には、彼女たちの名前を冠した州があり、サントドミンゴのメインストリートには彼女たちに敬意を表して記念碑が建てられ、毎年11月25日には巡礼地となる博物館があります。

さらに、1981年以来、彼らの死の日は、ラテンアメリカを女性の暴力との戦いに捧げる日とし、コロンビアのボゴタで最初のフェミニスト会議が開催された日でもあります。 ここでは、女性が受ける家庭内虐待や、セクシャルハラスメント、レイプなどが報告されました。

ジュリア・アルバレスは、もしミラバル姉妹が今も生きていたら、彼らはまだ戦わなければならないと言います。 「

ラテンアメリカでは、女性の4分の1から半分が家庭内暴力に苦しんでいるため、ジェンダーに基づく暴力は「パンデミック」と呼ばれるようになりました。 国連によると、家庭内での女性に対する暴力は、15歳から44歳までの女性が受ける傷害の第一の原因となっています。 In the case of Latin America, a UN survey found that between thirty and forty percent of women were victims of domestic violence, and one in five women was absent from work at least once due to physical assault at home.

That’s why, says Álvarez, even though more than half a century has passed since the Mirabal sisters’ deaths, they are still be needed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です